blog

Linux初心者が玄箱Debian化に挑戦してみた

※12/27 追記しました

やっと暇と余裕ができたので、前々からやりたかった玄箱HGの Debian 化を行いました。

玄箱 Debian 化は色んなサイトで書かれているので簡単だろう、と思っていたんですが、玄箱うぉううぉう♪ などで使われている Serge というバージョン(?)のサポートが今年の11月に終了しており、今まで一番スタンダードな方法では Debian 化が行えませんでした。いや、行えるんですが、「apt-get」でツールを導入できない状態。これでは意味が無い。

そこで、最初から Serge 化してあるパックを導入し、そこから現在もサポートが続けられている etch にアップグレードする方法を選択したのですが、いくつか引っかかるところがあったので、そんな部分を備忘録としてみました。とりあえずは僕の備忘録ですが、これから玄箱を Debian 化したい人に少しでも役立てば幸い。

なお、僕は全くの Linux 初心者で vi の扱いもよく分かってないくらいです。昨日一日で調べてやったことなので、多分間違っているところも沢山あると思います。鵜呑みにすると危険ですw ご了承いただき、できればご指摘下さるとありがたいです。

そんな状態で記事なんて書くな、って感じですが、とりあえずは僕の備忘録なので。

用語

まず、サイトを読んでも全く用語が分からない人用に簡単な解説を。というか、僕が一番最初に当たった壁でもある。

Debian
Linux ディストリビューションの一つ
Serge
Debian のコードネーム。「apt-get」でツールをインストールできるが現在はサポート&配布中止。また、純正玄箱から etch にするには、一度 Serge にする必要がある、っぽい
etch
Debian の新しいバージョンのコードネーム。現在も使える
apt-get
ネット経由で簡単にツールをインストールできる方法
EMモード
出荷時や異常が発生した時に、玄箱内部の OS で起動するモード
rootでログイン
Windows でいうところの Admin 権限みたいなものかな。内部的な所はこれでないと弄れない

etch 化

ノーマルの玄箱から、Debian etch にするまでです。

参考サイト
vi入門
vi の操作方法一覧
玄箱/HGを Debian etch にして、
基本的にはこちらに書いてある通りに進めました
玄箱HG Debian化
vi の操作方法など細かい部分はこちらがわかりやすいです
基本的な流れ

上記の「玄箱/HGを Debian etch にして、」の通りに進めてます。しかし telnet を使ったことが無い人にはちょっと分かりにくい部分が多いので、そういう部分は「玄箱HG Debian化」を参考にしました。

書き換えたファイルの圧縮

玄箱/HGを Debian etch にして、」の4項の最後、ファイルを圧縮 の部分ですが、圧縮されたファイルがどこにあるか分からなかったので、「玄箱HG Debian化」の 3.イメージ再圧縮 の部分を参考にしました。

ここでは書き換えたファイルを圧縮してダウンロードするのが目的なので、どこに圧縮しても大丈夫。要はダウンロードできればよい、っぽい。

ネットワークアドレスが違う!

玄箱/HGを Debian etch にして、」の5項の最初ですが、その前に EM モードにしていますよね。EM モードだと、DHCP 環境にある場合は自動的に IP アドレスが割り振られるのですが、IP が割り振られなかった場合は独自(?)の IP となります。玄箱の「新規セットアップ用ファームウェア」を起動すると IP が分かります。

僕の場合は「192.168.11.150」だったのですが、うちの家庭内 LAN 環境は「192.168.0.xxx」なので、直接アクセスができません。そこで、ノートパソコンと玄箱を直結しました。

玄箱とノートパソコンを LAN ケーブルで直結し、ノートパソコンの IP を「192.168.11.151」などとすることで、玄箱にアクセスできました。クロスケーブルじゃなくても大丈夫みたいです。

僕が使ったのは玄箱HGなのですが、無印玄箱の場合は裏に LAN のストレート / クロスを切り替えるスイッチがあります。こちらはストレートケーブルでもいけるかどうかはわかりません。

直接 etch 化はなんか怖かった

玄箱/HGを Debian etch にして、」の5項の最後、2.6.25.1のsarge環境になるので、パッケージを最新状態に ですが、これは行っても意味が無かったように思えます。多分サポートが終了しているので URL 自体死んでいるのではないかと。でも一応やりました。エラーばかりでしたけど。

とりあえず導入完了

etch 化完了。「玄箱/HGを Debian etch にして、」の7項までしかやってません。多分色々間違ってるところはあるんだろうけど、とりあえずはきちんと etch の導入に成功したみたいです。

Samba 導入

とりあえずはファイル共有ができないとお話にならないので、Samba を導入しました。ここからは多分推奨できない設定になっていると思うので、あまり参考にしないことをお勧めw
参考サイト
玄箱/Debian/ファイルサーバ - Revulo's Laboratory
Samba の導入、設定について書かれています
共有フォルダの作成と詳細設定
Samba で使う共有フォルダの設定について書かれています
ディレクトリの作成

Debian 化してしまうと、玄箱専用の設定ツールはもちろん使えません。共有するディレクトリもコマンドで作成します。

ディレクトリにアクセスできるユーザーを指定できたり、パーミッション(書き込み権限など)を指定できるのですが、基本的に僕しか利用せず外にも解放していないので、パーミッションはオールOKの「777」です。

# mkdir -p /mnt/data ←「mnt」ディレクトリに「data」というディレクトリを作成
# chmod 777 /mnt/data ←権限をオールOKの「777」に

と言った感じです。同じようにいくつか作成しました。ユーザーごとに作成する場合は、上記サイトを参考にしてください。

Samba のインストール

root でログインして # apt-get install samba でインストール。

インストール時に色々質問されました。基本的には参考サイトにあるように答えました。が、一カ所だけ一応ちょっと説明。

「Workgroup/Domain Name?」は家庭内 LAN のワークグループの名前を入力します。デフォルトなら「WORKGROUP」、変えてあるならそれに(例:SHINJI)。

Samba の設定

「/etc/samba/smb.conf」を vi で開き、作成したディレクトリの設定をします。細かい書式は上記サイト「共有フォルダの作成と詳細設定」を参考にしました。

まず、[global] の所に

+charset = CP932
+unix charset = UTF8
+display charset = UTF8
security = share

と追加。これは日本語を扱えるようにするためらしいです。見よう見まねなので合ってるかわかりません。でも日本語ファイルを扱えているので OK なのかな?そういうことじゃないのかな? まあおまじない程度です。

そして「/etc/samba/smb.conf」の一番下に各ディレクトリの設定を追加。僕の場合は↓のようにしました(ディレクトリ名は捏造してます、なんか晒すの怖いのでw)

[share]
   path = /mnt/share
   writable = yes
   create mask = 0777
   directory mask = 0777
   public = yes

[backup]
   path = /mnt/backup
   writable = yes
   public = yes
   read only = no
   create mask = 0777
   directory mask = 0777
   map archive = no

[memo]
   path = /mnt/memo
   writable = yes
   public = yes
   read only = no
   create mask = 0777
   directory mask = 0777
   map archive = no
パスワード設定と Samba 再起動

僕の場合はパスワードを必要とするディレクトリが無いのですが、# smbpasswd -a ユーザー名 で、ユーザー名ごとのパスワードをかけられます。家族など複数人で使うときなどに役立つのかな。

# aptitude install nfs-kernel-server で Samba の再起動。これで設定が反映されます。あとは Windows の「マイ ネットワーク」からフォルダを見つけましょう。

ジャンボフレームの設定

僕の環境は全て GbE なので、玄箱HG の MTU をいじって高速化させたいです。とりあえず root でログインして # ifconfig eth0 mtu 7200 としてみました。どこか忘れましたが、玄箱HGは 7200 までしか対応してないという話を見たので 7200 に。

しかし、ジャンボフレームを有効にしていた純正玄箱HGよりは少し遅いような感じがしてます。また、「すぐに MTU が 1500 に戻る」という話も聞いているので、これからさらに詳しく調べるつもり。

ちなみに僕は無印の玄箱も持っているので、そちらを Debian 化して、HG の方はノーマルに戻して音楽ファイルとか置く用途にするかもしれません。

とりあえずここまで

とりあえずここまでやりました。

Debian 化した本来の目的は、玄箱に入っているファイルの自動バックアップなので、それに挑戦したいと思います。あとできれば、特定のディレクトリだけ自分用に解放して、外からファイルを参照できればな~、なんて思ってます。が、それはまたの機会ということで。

ここまでの感想ですが、「玄箱が完全に Linux になる」ということ。いや、それがしたかったんですが、以前のように気軽に設定変更などができないので、改めて「Linux になったんだな~」と思いました。


info

moewe はオンラインソフト紹介や PC ・ネット関連雑記サイトです。詳しくは about をご覧下さい。

RSS も配信しています。更新チェックにご利用下さい。

RSS 1.0 -moewe-

Twitter

about.me

latest entries

categories

archives

ブログ化以前の雑記ログは log をご覧下さい。