blog

マウスを変えました

昨日、急にマウスの中クリックボタンが効かなくなってしまったので、急遽新しいマウスを買いに行きました。

買うマウスですけど、とりあえず僕は5ボタンマウスじゃないとダメな体になってしまったので、5ボタンなのは絶対でした。そして、僕はかなりだらけた体勢でマウスを持ち、手が小さいことも手伝って、サイドボタンがかなり手前にないと使いづらいんですね。マウスの左側にサイドボタンが二つ付いているタイプは奥のボタンが届きにくいので、今までは左右対称のものを使ってました。ちなみに昨日まで使っていたのは Microsoft Wireless Laser Mouse 5000 です。

店でいいのが無いかと物色していると、比較的最近でた新しいマウスが。左側にサイドボタンが二つ付いているタイプだったんですが、持ってみると意外に押しやすい。ということで、Microsoft Wireless Laser Mouse 6000 を買ってきました。

そんな訳で、まだ一時間くらいしか触ってないですが、雑感などを。

まず持った感じだけど、かなりサラサラの素材。僕はマウスを持つ手がベトベトするのをすごく気にするんだけど、これはかなり良い感じっぽい。ただ、上部分と横部分の繋ぎの所だけツルツルの素材なので、気になる人は気になるかも。形は、エルゴノミクスデザインというだけあって、手が自然な感じでもてる。単三電池を2つ入れるのでそこそこ重いんだけど、デザインのせいなのか、前のと比べても動かしやすい。

普通の左右クリックボタン。これはかなりカチカチいいます。最近の妙におとなしいマウスに比べて、よく言えばクリック感がきちんとある、悪く言えばうるさい、という感じ。僕はこの感じは昔のマウスっぽくて好きです。

ホイールはヌルヌルホイール。クリック感が無いタイプです。ホイールを回した感じがかなり軽く、タブブラウザなどのタブをホイールで切り替えたりする用途にはちょっと向かなそう。前のもヌルヌルホイールでしたが、こちらはさらにヌルヌル感アップ。良く言えばスムーズで軽い操作感。

ホイールクリックはかなり固め。前のより堅い。クリックするまでに軽い遊びみたいなのがあるんだけど、その遊びが大きすぎて、2段階クリックしてる感じ。逆に、チルトホイールはその遊びのおかげで横に倒しやすい。

サイドボタンは、奥と手前とで段差が設けてあります。奥の方が出っ張ってる感じ。なので押しやすいし、押し間違えも少なそう。こちらもクリック感があって、押しやすい。

今の所のデメリットは、僕の持ち方なのか手の小ささなのかわからないけど、ドンドン左を向いていくこと。これは文字じゃ使えづらいんだけど、まっすぐ持ってるつもりが、気づいたらちょっと左向いてる。だから何ってことは無いんだけど、ちょっと気になる。

そんなところですかね。とりあえずは満足してます。なんかあったらレビューします。

追記。一つ特徴を発見。形が形なので、マウス自体を持ち上げにくいです。マウスを使うスペースが少ない人には使いづらいかも。


最前面に出てくるウインドウが邪魔

ウインドウに関する小ネタ。

ウィンドウを強制的に最前面にするツールってありますよね。例えば menuHacker だったり MM TopMost だったり。ぴたすちお でもできそう。それらのツールは、「ウィンドウを最前面にする」って機能があるので、もちろん「最前面を解除する」っていう機能もあります。その機能は、ツールで最前面にしたウインドウだけじゃなく、最初から最前面になって生成されたウィンドウにも有効なわけです。

例えば Windows Update が終わった時の「再起動してください」のダイアログとか、マウ筋 の設定ウィンドウとか、最初から非アクティブになっても最前面になってるウインドウがありますよね。それらを最前面じゃなくすことができます。

なんか説明がごちゃごちゃしてるなぁ。まあ要するに、最初から強制最前面になってるウィンドウも、ツールで最前面を解除できますよ、ということです。全てのウィンドウでうまくいくかは保証できないですけどね。頭の隅に置いておくと、ちょっとした時に役に立つ、かもしれないです。


ハードが色々変わったよ

前々から、そろそろ新しいマシンにしたい、って言ってた僕ですけど、4月の頭にようやく新しいマシンを組みました。と言っても、前のサブマシンの中身を入れ替えただけ。Athlon64 X2 にしました。約2万円。体感はほとんどあがってません。サブマシンの体感があがったかな。詳しくは 使用マシンハード構成 に書いてあります。

今流行(?)の、地デジ対応キャプチャカード PV4 も買いました。これは仕事で使うということで急遽買って、仕事が終わったらヤフオクとかで売るつもりだったんだけど、案外使い勝手が良いので自分で使うことに。PV4 は音声入力が光デジタルだけなので、地デジチューナーも新調して HVT-ST200 を買いました。パソコンからチューナーのチャンネルを変えることができる機能がかなりいい感じ。

そして 玄箱 も買いました。これは3月くらいには買ってたんだけど、HDD を入れ替えるのが面倒で放置してました。サブマシンはファイル倉庫的に使っているので、サブマシンで色々やってる時にそのファイルにアクセスできないのが嫌だったので玄箱を買ったんだけど、転送速度が遅くてあまり使えなかった。これは失敗。まあバックアップ用途で使ってます。

んで、玄箱に入れる HDD と入れ替える目的で、250GB の HDD (HDP725025GLA380)を買ってあったので、それをサブマシンへ。そして 500GB の HDD(HDP725050GLA360)が8000円切ってたので衝動買い。まだ取り付けてない。

そんなこんなで、前のサブに使ってたマザーとメモリと CPU はそのままあり、しかもマザーはオンボード VGA なので、あとはケースがあれば一台組める状態。本格的に Linux サーバを導入しようか迷い中。

この2ヶ月の間に色々買いすぎです。とりあえずこういう備忘録つけてると後々便利だよ。


FirefoxをSyleraの別ウインドウのように使ってみる

最近は、Sylera を使っていて Firefox に変えようかな、なんて思う場面がいくつかありました。

まず、完全に一画面仕様なところ。ニコニコ動画とかでラジオを聞くようになってから、別ウィンドウに切り離して見たいな、なんて思ってました。それと同時にもう一つの理由が、Firefox の拡張の多さ。特にウェブサービス系はかなり便利にできる。

しかし対する Sylera の良いところは、自分仕様のメニューとキー操作と検索バーの使いやすさ。これはどうにも捨てがたい。

普段は Sylera を使い、Firefox が優れているところは Firefox を使おうなんて思った時もありました。でも Firefox を使いたくなるのは、大抵ログインが必要なウェブサービス。最近のウェブサービスは、違うブラウザでログインすると、元のブラウザではログアウトしたことになっている。いやまたログインすればいいんだけど、パス漏れがそれほど深刻で無いところはログインしっぱなしが楽でしょ。

それがちょっとしたアイデアで解消されました。Sylera の cookies.txt を Firefox の cookies.txt と同じものにする。そうすれば、ログイン情報も共有でき、二つのブラウザがまるで同じブラウザのように使える。

cookies.txt の共有は、リンク作成シェル拡張for Windows 2000/XP を使って、ハードリンク を張ってます。よって、全く手間無くクッキーが共有できる。同じ Gecko エンジンだからできる技だね。

もしかしたら色々と不具合があるのかもしれないけど、今日思いついたからその辺はわからない。とりあえずこの環境でしばらく使ってみます。なんか不具合があったらこのエントリで報告しますね。


info

moewe はオンラインソフト紹介や PC ・ネット関連雑記サイトです。詳しくは about をご覧下さい。

RSS も配信しています。更新チェックにご利用下さい。

RSS 1.0 -moewe-

Twitter

about.me

latest entries

categories

archives

ブログ化以前の雑記ログは log をご覧下さい。